WORLD

刀使とじとは
御刀を所持する神薙ぎの巫女。女性にしか務まらない。自らが寄り代となって御刀の神力を引き出し、荒魂を斬って鎮める。彼女たちのほとんどは成人前の学生で、警察の職務に勤しむ傍ら、専門の学校に通い、刀使としての技術を学んでいる。
御刀おかたなとは
神性を帯びた稀少金属・珠鋼を精錬して作り出された日本刀。隠世と呼ばれる異世界より、様々な超常の力を引き出し、もたらすが、それは刀使にしかできない。荒魂に対抗できる唯一の武器でもある。
ノロとは
珠鋼を精製する際に砂鉄から出る不純物。負の神性を帯びており、ほぼ消滅しないため、厳重に扱われている。ノロには結合しやすい特性があり、結合が進むと荒魂となって世の中に災いをもたらす物もある。荒魂化を防ぐため、古来少量ずつ小分けされ、各地の杜に奉られ、鎮められてきた。
荒魂あらだまとは
怪異、妖怪、物の怪、悪霊などとも呼ばれる。その正体はノロが結合し、擬似生物のように変化したものである。ノロの総量、質によって災いのレベルは異なる。刀使の御刀は、荒魂を斬って祓うことができる。
No Image
伍箇ごかでんとは
全国に五校設立された中高一貫の特別刀剣類従事者訓練学校。日本刀発祥の地になぞらえて、通称伍箇伝と呼ばれる。神奈川の鎌府女学院、岐阜の美濃関学院、京都の綾小路武芸学舎、奈良の平城学館、岡山の長船女学園の五校。特別刀剣類管理局の下、刀使のみでなく、刀使の活動を支援する人員の育成も行っている。
No Image
特別とくべつ祭祀さいし機動隊きどうたいとは
警察庁・特別刀剣類管理局に所属する機動隊で、御刀と呼ばれる特別刀剣類の携帯・自己判断による使用を許可されている。国家公務員の特別職であり、その多くは未成年の女子である。正式名は特別祭祀機動隊だが、組織の内外ともに刀使と呼ばれるのが一般的であり、人々からは親しみを込めて、刀使さんなどと呼ばれている。
相模さがみ湾岸わんがん大災厄だいさいやくとは
20年前の1998年9月に起こった史上最大規模の荒魂災害。相模湾岸沖の事故により海中に大量のノロが流出、観測史上最大の大荒魂と化した。大荒魂は相模湾岸から上陸、北上し、藤沢市などで死者3千人を超える甚大な被害をもたらした。警察の機動隊、自衛隊の全面協力の下、大荒魂を江の島に封じ込めることに成功。特別祭祀機動隊による少数精鋭の特務隊によって鎮圧された。帰還した六名の特務隊は後に英雄視された。
写シうつしとは
刀使の基本戦術であり、最大の防御術。御刀を媒介として肉体を一時的にエネルギー体へと変質させる。写シで防御している間は、わずかな痛みと精神疲労を代償に、実体へのダメージを肩代わりできる。ダメージを受けると、その部分は消失し、身体機能も奪われていくが、写しを解除するまで実体へのダメージはない。
迅移じんいとは
刀使の攻撃術。御刀を媒介として通常の時間から逸して加速する。隠世には段階的に時間の流れの早い層があり、深く潜れば潜るほどより高位の迅移を発動できる。鍛練を積んだ者ほど、より流れの早い深い層に到達することができる。
No Image
舞草もくさとは
特別刀剣類管理局内の反折神紫派で結成された組織。最新技術でノロを制御する折神紫に対し、御刀と刀使の本来在るべき姿を取り戻そうという旧態依然の考え方を持つ。紫の妹である折神朱音や長船女学園学長の真庭紗南が中枢メンバーとなっている。
S装備えすそうび(ストームアーマー)とは
特別祭祀機動隊に配備された荒魂殲滅用の強襲装備。折神家の管理の元、DARPA(国防高等研究計画局)の技術協力を得て開発された。装備者は、身体能力及び防御力が飛躍的に向上する。稼働時間が短いという最大の欠点を持つ。
No Image
八幡力はちまんりきとは
刀使の戦闘術。御刀を媒介として筋力を強化する。鍛練を積んだ者ほどより高い強化が可能になり、超人的な力を発揮出来る。
金剛身こんごうしんとは
刀使の戦闘術。御刀を媒介として肉体の耐久度を上げる。写シとは異なり、物理的な硬度を発揮するが、短時間しか持続しない。
スペクトラムけいとは
荒魂を探知するアナログ計器。約5センチ程の強化ガラス球の中に、スポイト数滴分の荒魂化したノロが入っている。荒魂が引き合う性質を利用し、荒魂が接近すると振動する。
スペクトラムファインダーとは
荒魂を探知するスペクトラム計をデジタル化したもの。実物の荒魂が入っているスペクトラム計は危険だという理由で、近代になって置き換えられた。
折神おりがみとは
古く、朝廷より御刀とノロの管理を任されてきた一族。その役割は現代も続いており、警察庁特別刀剣類管理局、その局長は折神家の当主が務めている。全ての刀使の頂点に立つ存在で、伍箇伝という刀使育成機関の管理も行っている。
鎌府れんぷ女学院じょがくいんとは
伍箇伝の一校。所在地は神奈川県。関東全域と東日本の太平洋側での荒魂事件を担当している。特別刀剣類管理局の本部が置かれた折神家と併設されており、本部との連携をとることも多い。事件発生率の高い首都圏の担当だけに、装備も最新のものが多く配備されている。
糸見沙耶香が在籍。皐月夜見の母校。
美濃関みのせき学院がくいんとは
伍箇伝の一校。所在地は岐阜県。中部全域と東日本の日本海側での荒魂事件を担当している。同じ伍箇伝である他の四校との交流を積極的に行っている。
衛藤可奈美、柳瀬舞衣が在籍。
平城へいじょう学館がっかんとは
伍箇伝の一校。所在地は奈良県。関西の南部と四国での荒魂事件を担当している。剣術大会二連覇の獅童真希など、近年は優秀な刀使を輩出し注目されている。
十条姫和が在籍。獅童真希の母校。
綾小路あやのこうじ武芸ぶげい学舎がくしゃとは
伍箇伝の一校。所在地は京都府。関西の南部以外の全域での荒魂事件を担当している。伍箇伝の中でも最も歴史ある伝統校で、地域でも綾小路の刀使たちは人々に尊敬されている。有事の際は特別刀剣類管理局の仮本部として機能するようになっている。
此花寿々花、燕結芽の母校。
長船おさふね女学園じょがくえんとは
伍箇伝の一つ。所在地は岡山県。中国地方、九州、南は沖縄までの荒魂事件を担当している。長船の管轄内に最新技術の開発機関があるため、試験装備のテスト運用などにも積極的に協力している。
益子薫、古波蔵エレンが在籍。